フリーランスのためのエージェントガイド

まずは概要を!フリーランスって何だろう?

フリーランスのためのエージェントガイド

サイトについてAbout site

フリーランスライフを充実させるために、エージェントの活用方法とエージェント利用時の注意点などを紹介するサイトです。
気になる点はこちらへ:
guide_forfreelance@outlook.com

おすすめサイト

IT業務委託といえばこのサイト!
「flexy」では、週1日から働ける案件も用意しているので、初心者フリーランスにもおすすめです!

フリーランスの概要

フリーランスに興味のある方はもちろん、すでにフリーランスとして一歩を踏み出した初心者の方も、「フリーランスとは何か?」という基本の概要をあらためて再確認してみましょう。フリーランスと会社員の違いは企業に所属するかしないか、つまり雇用されて働くか否かという点です。雇用されずに働くため、仕事で得る収入は給料ではなく売上による入金となります。今では様々な業界で幅広い職種の人々がフリーランスとして活躍していますが、特に多いのはIT系エンジニアやクリエイティブ系の職種です。

フリーランスとは

フリーランスとは

フリーランスとは個人事業主のことで、フリーランスになると自分で契約をして業務を行うことになります。フリーランスにはメリットとデメリットが存在しています。自分で仕事を選べるところや、まとまった自分の時間を持てるところはメリットになります。また会社特有の上下関係や人間関係などに悩まされることもなくなります。会社がやってくれるような税の申告や営業面などもすべて自分でやる必要がある所はデメリットと言えるでしょう。エージェントに所属して代行してもらえば負担を減らすことができます。

案件の獲得法

案件の獲得法

フリーランスは高いスキルが必要ですが、仕事でスキルを活かすことができれば収入増が見込めるところは魅力的と言えます。フリーランスになる時には仕事(案件)が見つかるかどうか気になるところです。ここではフリーランスエンジニアの方々に向けて、案件を探す方法を3つ紹介します。それはエージェントへの登録、求人サイトの利用、マッチングサイトの利用です。フリーランスになる前に、これらを利用して自分に合った案件を探したりスキルのチェックをしてみるのもよいでしょう。

主な職種

主な職種

フリーランスとは会社などには所属しない個人事業主のことを言います。フリーランスとして働いてる方の職種は様々な分野に及んでいます。フリーランスが多い職種には、コンピュータ関連ではプログラマやエンジニア、芸術面ではグラフィックデザイナーやウェブデザイナー、そして雑誌記事を書いたりメールマガジンやブログを書く仕事を行うライターなどがあげられます。いずれの職種で働くにせよ、フリーランスとして活躍するためにはその分野での専門的なスキルを持っていることが必要になります。

リアルな年収

リアルな年収

フリーランスに興味がある人も、すでにフリーランスとして活躍している人も、気になるのは「リアルな年収」ではないでしょうか。フリーランスになると会社員よりも稼げるというイメージが強くありますが、実際のところどの程度の年収を稼いでいるのか知りたくありませんか?フリーランスが集まるクラウドソーシングの某サイトが発表した資料から、フリーランスのリアルな年収を紹介します。フリーランスとして独立しても高収入を稼げる人の割合はそう多くはないのが実態としてみえてきます。

Copyright © 2015 フリーランスのためのエージェントガイド All Rights Reserved.