フリーランスのためのエージェントガイド

どんな働き方?フリーランスとは

フリーランスのためのエージェントガイド

サイトについてAbout site

フリーランスライフを充実させるために、エージェントの活用方法とエージェント利用時の注意点などを紹介するサイトです。
気になる点はこちらへ:
guide_forfreelance@outlook.com

おすすめサイト

IT業務委託といえばこのサイト!
「flexy」では、週1日から働ける案件も用意しているので、初心者フリーランスにもおすすめです!

フリーランスとは

osusume

フリーランスになると、給与の大幅な上昇などが期待できるなど大変魅力的な面がある一方で、デメリットも存在しています。フリーランスとして働くかどうかはメリットとデメリットを考慮した上で決断する必要があります。ここではフリーランスのメリットやデメリットを説明した上で、フリーランスならではの仕事の負担を減らす方法についても紹介していきます。

フリーランスの概要

フリーランスとは特定の企業や組織に所属せずに自分で仕事を行っている個人事業主(個人企業法人・自営業者)のことで、「フリー」とも呼ばれています。フリーランスの方々はIT業界や芸能人など様々な分野で活躍しており、たとえばフリーのエンジニアであれば「フリーエンジニア」と呼ばれます。フリーランスは仕事ごとに契約を結ぶ形を取っており、履歴書などに記入する職業の分類は個人事業主あるいは自由業ということになります。フリーランスは個人で仕事をするため、自由に仕事内容や時間などを選べるものの、会社で専門の担当部署の人がやるようなことも自分でやらなければいけません。フリーランスとして仕事をするのであれば、メリットとデメリットを比較した上で決断する必要があります。

フリーランスとは

フリーランスのメリット

会社に所属していると基本的には与えられた仕事をすることになりますが、フリーランスは自分で仕事を選択することができます。仕事内容によっては働く時間も柔軟に変更できるため、自分の時間を持ちやすいところは魅力的です。また、自分がした仕事で得た報酬や実績が自分のものになるところも会社員にはない魅力と言えます。人によっては会社に所属していると会社ならではの人間関係で悩まされることもありますが、フリーランスであれば仕事だけでなく仕事で関わり合いを持つ人間も選ぶことができるため、そのような悩みはほとんどなくなります。
他にも会社ならではの定年といった制度や規則などに縛られることなく自分に合わせて働くことができます。ひとつの仕事だけではなく、副業や兼業のように複数の仕事を掛け持つことも可能です。

フリーランスのデメリット

フリーランスは会社に所属していない分、会社がやってくれる仕事についても自分でやる必要があります。とくに納税に関わる部分での負担が大きくなります。所得税などの計算を行い書類を作成し申告するまでの作業を自分でしなければなりません。また、雇用保険や労災保険はなく、有給休暇もありません。フリーランスは会社員のように安定した収入が保証されていないため、ある程度安定して仕事を得ることができないと安定した収入には繋がりません。

自分の仕事に専念できるエージェント代行

フリーランスのデメリットは、すべて自分でやらなければいけないところにあります。できれば仕事のある部分は他の人に任せて、自分の本来の仕事にもっと専念したいという悩みを持つフリーランスの方もいるでしょう。そういった悩みを解消したいのであれば、営業についてはエージェントに代行してみてはいかがでしょうか。エージェントに所属することで、営業やクライアントへの請求などの部分はエージェントに代行してもらうことができ、負担を減らすことができます。エージェントに所属すれば同じエージェントに所属している方々との情報交換などができるようになるというメリットもあります。

Copyright © 2015 フリーランスのためのエージェントガイド All Rights Reserved.