フリーランスのためのエージェントガイド

フリーランスはエージェントと組んで仕事をしよう。一人より二人!

フリーランスのためのエージェントガイド

サイトについてAbout site

フリーランスライフを充実させるために、エージェントの活用方法とエージェント利用時の注意点などを紹介するサイトです。
気になる点はこちらへ:
guide_forfreelance@outlook.com

おすすめサイト

IT業務委託といえばこのサイト!
「レバテックフリーランス」では、エンド直受けの高単価案件を多数用意していますので、ハイレベルなフリーランスにおすすめです。

一人よりも二人で

エージェントの活用法

フリーランスとして働いている人には完全に一人で仕事をしているという人と、その他にエージェントを使って仕事をしているという人もいます。ここではエージェントを使うメリットはどこにあるのかを紹介していきます。

エージェントを使うメリット

フリーランスの方がエージェントを使うメリットはどこにあるのでしょうか。まずはメリットをあげていきたいと思います。エージェントはフリーランスが行う仕事のうち、作業的な部分を代行してくれます。たとえば仕事の日程を調整したり、営業のような仕事、あるいはクライアントに対する請求などがそれに該当します。これらをエージェントに代行してもらうことによってフリーランスの方は本来の自分のスキルを活かすような専門的な仕事に専念することができるようになります。
また、エージェントはフリーランスの要望にマッチする案件を探して紹介してくれます。これによってフリーランスは仕事を得る機会が増えることになりますし、仕事を探すための時間を節約することができます。
このようにエージェントを使うメリットは、一人で仕事をしていると得られないプラスの部分にあると言えるでしょう。

一人よりも二人で

必ずメリットもある

エージェントを使う意味は、仕事を二人(またはそれ以上)ですることで得られるメリットにあることがわかったと思います。しかし、ネットではエージェントを使っても何も得られなかったという人を見かけることがあります。そういう人は本当に何も得られなかったのでしょうか。
おそらくそういった人は、仕事の契約の段階までたどり着けなかったり、自分が思い描いていたベストな結果にならなかったりしただけで、途中で得たものを考慮してないのではないでしょうか。たとえばフリーランスになると決断した時に「キャリアの棚卸し」をすることがあります。キャリアの棚卸しとは履歴書の職歴を書くようにしながら進める自己分析のことですが、キャリアの棚卸しを行ったということはそれ自体が目的ではなかったにせよ自分にとってのメリットと言えるでしょう。また、フリーランスとしてエージェントを利用し、案件探しをした際に、エージェントから得たアドバイスなどがあればそれは自分の身になるわけですから、これもまたメリットといえるでしょう。このようにエージェント契約を通して得たメリットは必ずあるはずです。

自分の要望をはっきりと

「エージェントに頼んだけど期待はずれだった」とならないためには、エージェントを利用する際、あらかじめ自分が期待していることやエージェントに対する要望などをはっきりさせておくことが必要です。そしてその要望はエージェントに必ず伝えるようにしましょう。自分の要望をはっきりさせておけば、エージェントが自分の要望に応えてくれるかどうかもはっきりします。もしエージェントが自分の要望にそぐわないのであれば別のエージェントをあたってみましょう。

Copyright © 2015 フリーランスのためのエージェントガイド All Rights Reserved.