フリーランスのためのエージェントガイド

フリーランスは複数のエージェントに履歴書を登録しよう

フリーランスのためのエージェントガイド

サイトについてAbout site

フリーランスライフを充実させるために、エージェントの活用方法とエージェント利用時の注意点などを紹介するサイトです。
気になる点はこちらへ:
guide_forfreelance@outlook.com

おすすめサイト

IT業務委託といえばこのサイト!
「レバテックフリーランス」では、エンド直受けの高単価案件を多数用意していますので、ハイレベルなフリーランスにおすすめです。

複数登録のすすめ

エージェントの活用法

フリーランスのエージェントは大手から個人でやっているところまでとてもたくさんあります。フリーランスを希望する場合には、様々なエージェントを選ぶことができる状態にありますので、複数登録はおすすめです。では、いろいろなエージェントをたくさん使った方がいいのでしょうか。それとも絞った方がよりよい結果になるのでしょうか。

複数登録について

フリーランス希望者の視点でシンプルに考えれば、たくさんのエージェントに複数登録しておけば、いろんな求人の紹介の可能性がふえたり、面接に関するアドバイスや履歴書の添削サービスなどを受けることができるといったメリットがあります。これだけを見るといいことづくめのように感じられますが、逆の立場に立ってみると、エージェントにとっての売上利益は、紹介した人がエージェントを通じてフリーランス転職しないと発生しません。そのため、エージェントにとってはどれくらいがんばっても、その人が他のエージェントでフリーランス転職をしてしまった場合には売上に一切なりません。1、2社であればともかくとして、多数のフリーランスエージェントに複数登録している人は、利益になりづらい人と思われる可能性が高くあるのです。そのような場合にはあまり注力してもらえない可能性もあることを知っておくことが大切です。

複数登録のすすめ

数を絞って

エージェントも個人的な営業ですので、見込みの薄い相手に力を入れても、数字が出せなければ営業としては失格になります。そのため、あまりにも一度に多数のエージェントを使うと見込みの薄い人だと思われかねない状況になってしまい、結果的に損をすることになってしまいます。
そこで、最初は2、3程度のエージェントに絞って登録してから、自分に一番合うフリーランスエージェントを見つけます。そして、それをメインに応募を集中させます。具体的には、サブのエージェントにしかない求人はサブエージェントで応募し、そうでなければできるだけメインエージェントを活用するということになります。

メインエージェントのやる気を引き出す

メインエージェントの立場からすれば、紹介していない求人も自社経由で応募してくれるという場合には、その人のためにがんばろうという気持ちがわき、その人にとってよりよいサポートを提供するためにがんばってもらえることにつながります。このようにエージェントのやる気を上手に引き出していくといった方法があります。フリーランスの転職をする場合には複数エージェントに登録することはおすすめです。
しかし、多すぎると自分に注力してくれにくくなってしまいますので、自分にとってのメインのエージェントをうまく見つけることは大切といえます。

Copyright © 2015 フリーランスのためのエージェントガイド All Rights Reserved.