フリーランスのためのエージェントガイド

フリーランスはエージェントの見極め方を知っておこう

フリーランスのためのエージェントガイド

サイトについてAbout site

フリーランスライフを充実させるために、エージェントの活用方法とエージェント利用時の注意点などを紹介するサイトです。
気になる点はこちらへ:
guide_forfreelance@outlook.com

おすすめサイト

IT業務委託といえばこのサイト!
「レバテックフリーランス」では、エンド直受けの高単価案件を多数用意していますので、ハイレベルなフリーランスにおすすめです。

見極め方のポイント

エージェントの活用法

フリーランスが利用するエージェントはどこも同じというわけではなく、使う時には見極める必要があります。そこでここでは、エージェントを利用する際、エージェントのいったいどこを見るべきなのかという「エージェントの見極め方」を紹介したいと思います。

どこの部分が評価に繋がっているか

あなたがフリーランスになってエージェントを利用するとなった時に、必要になるのがエージェントの見極めです。エージェントの見極めが出来ないと、エージェントを上手く利用することができないままふたたび履歴書を持って会社探しをすることになりかねませんので、見極めは非常に重要になります。エージェントの見極めポイントを探すには、まずエージェントについて考えてみる必要があります。エージェントは、営業やクライアントへの請求などの仕事を代理してくれるところです。
フリーランスの方がエージェントと契約すると、担当者を通して案件のマッチングをしれくれたりもします。ここからまず、担当者がいるということと、案件をマッチングしてくれるということがわかります。この担当者と案件というのは、エージェントによって差があるものなのです。ですからエージェントの良し悪しを判断したいのであれば、エージェントの見極めポインは担当者と案件ということになります。この後、担当者と案件についてそれぞれ見ていきたいと思います。

見極め方のポイント

エージェントの担当者について

フリーランスの方がエージェントに所属すると、担当者がつくことになります。この担当者というのはエージェントを見極める際のポイントのひとつです。
世の中には様々なエージェントが存在し、それぞれのエージェントに対して評価というものがあります。あなたが評価の高いエージェントに所属したとしても、あなたについた担当者がダメであれば、そのエージェントに対する評価は低くなると思います。逆にそれほど良くない評価のエージェントに所属したとしても、担当者が良ければエージェントに対する評価は高くなるというものです。大手のエージェントの評価を見ると、良いという評価の方もいる一方で悪いと評価する方もいることがわかります。評価がまったく違うのは、同じエージェントでありながらも担当者が違うことが原因ということもあるでしょう。
もしあなたについた担当者に満足できない場合、可能であれば担当者をかえてもらうことでエージェントに対する評価は変わるかもしれません。

紹介してくれる案件・仕事の多さ

エージェントを見極める際に必要なもう一つのポイントが案件です。いくら担当者が良くてもそのエージェントで紹介してくれる案件が少ないと、エージェント全体に対する評価は低くなるものです。逆に担当者が悪くても案件が多いことでエージェントに対する評価が高まるということもあるでしょう。案件が多いことは、エージェントに対する評価も高まるものです。エージェントを見極める際には、担当者が良いかどうかと、案件が豊富かどうかという二つのポイントに注目してみてください。

Copyright © 2015 フリーランスのためのエージェントガイド All Rights Reserved.